Makotinhoのブログ
日本に来て15年になります…ブラジル料理のレシピと日ごろの話しをしたいとおもいます!よろしくです! あと、世界でいろいろ見つけたおかしな画像も載せたいとおもいます
プロフィール

makotinho

Author:makotinho
ようこそ!
11歳まで、ブラジルに住んでいました
趣味は格闘技。現在、ブラジリアン柔術をやっています。

あと、料理もできます。もちろんブラジル料理です!

顔はさすがに恥ずかしいので、カットしました…この写真も評判が悪ければ、消しますので、正直に言ってください!

よろしくです!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジルで使っていた万能薬
ブラジルですばらしい万能薬を使っていましたそれを紹介したいです!その名はコパイバオイルです

コパイバオイルとは、アマゾンに自生する樹齢1000年以上を越えたコパイフェラ[学名:Copaifera multijuga Havne]という高さ25~27mの薬木の幹から抽出される芳香性樹脂で、揮発成分、コパイピコ酸、ハイドロカーボナイト、そして多種のセスキテルペから構成されています。
 
1万5千余年もの昔から、アマゾンの原住民インディオは、1年に1度感謝と祈りを捧げてこのコパイバオイルを樹から分けてもらい、戦士の傷に塗ったり、火傷に塗るなど、まさに生活必需品として愛用し続けてきました。
 
19世紀後半、アマゾンを縦断して電信線を引いたことで有名なロンドン将軍が、縦断中に深い関わりをもつようになったインディオ達から、この素晴らしい聖なるオイルを伝授してもらったことがきっかけとなり、コパイバオイルはブラジル全土に広まっていきました。

現在、ブラジルの人々は気管支炎や喘息の時コーヒーに1、2滴入れて飲んだり、淋病時の泌尿器の消毒から髪の手入れまで、広くコパイバオイルを愛用しています。





[READ MORE...]
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。